Zローションで後悔?…唯一悪いところ最安値《口コミでの評判》

Zローション(旧ゼロファクター5αSPローション)…口コミでの評判

こんちは、いままで濃いヒゲで悩んでいた横山と申します。

今日は私と同じ悩みを持つ人たちへ、Zローション(旧ゼロファクター5αSPローション)後悔しないための情報について書いていこうと思う。

また最後のほうでは、このZローションが最安値で購入できる非常にお得なキャンペーンも紹介するので、どうか見逃さないようにしてほしい。

【Zローション】とは?

Zローションは濃いヒゲに悩み男性向けの剛毛対策製品で、これまでに180万本以上の販売実績をあげている人気商品。

毎年ベルギーで開催されているモンドセレクション(食品・飲料・化粧品などの世界的品評会)にて、3年連続で表彰されている。

ヒゲを剃った後に塗るだけの簡単使用で、徐々にヒゲの悩みが解消されていくのである。

ヒゲが濃くなる理由は、加齢や様々な要因によって、男性型の分泌酵素「5α-リグターゼ」が増加することにある。

活性化した5α-リクターゼは、やがて「5α-DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる、男性ホルモンの一種である活性酵素と呼ばれる物質に変化する。

この5α-DHTが毛の生成に係わる毛乳頭を過剰に刺激することで、ヒゲがどんどんと濃くなってしまうのである。

そのためヒゲが濃くなるのを避けるには、5α-DHTを合成させないよう、5α-リグターゼを阻害することが必要となる。

Zローションには、5α-リグターゼを阻害する働きを持つ有効成分が豊富に配合されているのだ。

従ってZローションを使い続けていくことにより、徐々にヒゲの濃さが軽減され、ヒゲの悩みを解消することができるのである。

配合している有効成分は、全て植物性成分となっており、肌に刺激を与えることはない。

そのため肌の弱い方や、敏感肌の方でも安心して使用することができる。

Zローションのこだわりは、有効成分だけにとどまらない。

植物の持つチカラを、より確実に毛乳頭へ届けるため、ナノ化に極細化されて配合されている。

成分のナノ化ににより、毛乳頭まで有効成分が確実に浸透し、高い効果を発揮するのだ。

またZローションには天然成分の力を弱める可能性のある化学成分などは、極力排除して製造されている。

素材をシンプルにする代わりに、本当にヒゲ対策に役立つ原材料だけを厳選して使用。

そのため高い効果を生み出すことができるのである。

Zローションが発売より20年間支持され続けているのは、高い阻害作用を持つ有効成分が配合されていることに加え、塗るだけという簡単な使用方法により、誰でも簡単に続けることができ、ヒゲが薄くなっていくのを実感できているからなのである。

【Zローション】が選ばれる理由!

■濃いヒゲの原因「5αリダクターゼ」に対処する11種の成分を高配合!

Zローションには5α-リグターゼを高確率で阻害させるため、11種類もの天然有効成分が配合されている。

その中でもダイズ・ザクロ・ガウクルアには、高い阻害作用がある。

【ダイズ】
エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一種が豊富に含まれており、ヒゲや体毛の成長を抑える働きをする。


【ザクロ】
エストロゲンと同様の構造をしており、ホルモンバランスを整えて毛母細胞の活性化を抑える働きをする。


【ガウクルア】
赤と白があり、白ガウクルアはプエラリアとも呼ばれている。

強力なエスロトゲン活性成分があり、5α-リグターゼに働きかけて活動を阻害させる。


■成分の超微粒子化!

いくら効果の高い成分が配合されていても、浸透しない大きさだと意味はない。

Zローションの有効成分は10億分の1mサイズにまで超微粒子化して配合されている。

例えるならバスケットボールを角砂糖1個分にまで小さくするほどの細かさ。

そこまで細かくする独自の技術で、Zローションの成分がしっかり必要とされるところまで浸透していくのである。


■鎮静・引き締め・潤いのトリプルケア!

一般的なシェイビングアフターローションは、シェイビング後の荒れがちな肌を保護するのが大きな目的である。

そのため、毛穴や剃り跡の青みがかった肌までは隠すことができない。

Zローションはこれら一般的なローションとは異なり、トリプルケアで肌を保護する。

①シェイビング後に刺激を受けた肌を鎮静。

②毛穴の開きを引き締めて、剃り跡や肌の青みを目立たなくする。

③荒れがちなシェイビング後の肌を保湿をして潤いを与える。

豊富な有効成分には、美肌作用のある成分も含まれているので、肌を保護しながら滑らかに仕上げることができるのである。


■脱毛サロンに比べたら断然安い!

男性のヒゲ対策では、脱毛サロンやクリニックの医療脱毛で施術を受ける方法が有効と考えがちかもしれない。

しかしサロンやクリニックといえば女性が通うところ。

費用は高いし忙しくて通えないなど、男性にとっては何かと行きにくいところでもある。

私なんかは、それ以前にとても恥ずかしくて行けない!

特にヒゲは1回だけ施術を受ければ解決するものではないのだ。

何回も恥ずかしい思いをしながら通い、さらに濃い場合は回数も必然的に多くなるので、費用のかかってしまう。

Zローションなら通販サイトで購入できるケア製品なので、いつでも好きな時に手に入れることができるし、自分のペースで使うことができる。

通う気はないけど調べたみたら、私の場合、脱毛サロンでは10万円以上も施術料金がかかってしまうらしい。

しかしZローションであれば初回は980円、2回目以降でも通常9,000円⇒6,000円で購入でき、サロンと比較しても格段に安くヒゲ対策ができるのである。


■痛くない!…だから続けやすい!

脱毛サロンや医療脱毛のヒゲ対策では、施術によってはかなりの痛みを伴うプランもあり、毎回痛みを我慢して施術を受けるケースもあると聞く。

スケジュールを空け、痛みを我慢して施術を受けても、ヒゲはまた生えてくるためコストパフォーマンスは低いと考えられる。

Zローションの場合は痛みを伴うことはない。

効果も高いので使い続けていると実感できるようになり、更に継続する意欲が湧いてくるのだ。

このようにZローションはこれ1本でいくつものメリットがあるため、多くの男性から支持されているのである。

【Zローション】の効果的な使い方!

Zローションの効果を高める使い方は、シェイビング後や洗顔後、入浴後など、肌が清潔な状態で、厚めに広範囲へ塗るようにするようにしよう。

肌の古い角質や毛穴の汚れがキレイに落とされた状態で使用することで、ローションに含まれるナノ化させた有効成分がより毛穴の奥まで浸透していき、その働きを発揮する。

シェイビングから5αSPローションを付けるまでの一連の流れは、

①T字カミソリで普段通りにヒゲを剃っていく。もちろん電気シェーバーでの剃毛でも大丈夫だ。


②シェイビングした肌にたっぷりと、広範囲に塗っていく。


③シェイビングの他にも洗顔後や入浴後など、ローションが流されるタイミングで使っていけば良い。


④1日好きなタイミングで1日2~3回を目安に使用しよう。


使い続けることで、3種類の天然有効成分が毛乳頭まで浸透し、徐々に5α-リグターゼの活性を抑制してヒゲの濃さを改善していってくれる。

更に剛毛対策に有効とされる8種類の天然成分がZローションには豊富に配合されているので、シェイビング後の青み肌を改善していく。

有効成分は100ナノメートルに超微粒子化されているため、他のローションよりも毛根部への浸透率が高く、早い段階で毛根部に到達してその能力を発揮するのである。

ところで余談だが、女性の中には剛毛の人が好きという方もいるらしいが、いまだかつて私は出会ったことがない。

多くの女性はヒゲの濃い男性や、青み肌が目立つ男性はあまり好みではないのだ。

女性社員たちからの受けを良くするためにも、毎日のヒゲ対策をしていく必要性を私は切に感じる。

【Zローション】…口コミでの評判!

■良い口コミ!

Zローションは発売以来20年間にわたり多くのヒゲに悩む男性に支持され、180万本以上の販売実績をあげてきた。

そこで、実際に体験した人の口コミを見ながら、良い評判をまとめてみることとしよう。

まずは良い口コミから。


「2本目を継続中です。

娘からヒゲが薄くなったの以前と変わった印象に。

…イケメンになったと言われました。

毎日鏡をみるのが楽しみです。」


「営業の仕事をしているため、身だしなみはいつも気にしています。

第一印象が大事であるため、以前からヒゲの濃さも気になっていました。

そこでZローションを使い始めたところ、取引先から若くなったと言われるようになり、仕事も順調になりました。」


「40を過ぎた頃から急にヒゲが濃くなり始め、周囲の目も気になるようになったことから、使い始めました。

4ヶ月程経過した頃からヒゲが目立たなくなったと実感でき、満足しています。」


「肌が弱く、ヒゲを剃るといつもカミソリ負けをしていました。

しかし、これを使うようになってからは肌の見違えるように整い、ヒゲの濃さも目立たなくなりました。

これからもずっと使い続けようと思います。」


など、Zローションには良い評判が多く寄せられていた。

5α-リグターゼという活性酵素は、男性型脱毛症を引き起こす原因でもあり、頭髪では脱毛を促進させ、口元ではヒゲを濃くする厄介な物質だ。

この活性酵素を阻害できれば毛乳頭を刺激することが無いため、ヒゲが濃くなることはない。

Zローションはこの点に注目して開発されており、配合している有効成分もより効果が高いものを厳選している。

個人的に使用した感想としては、天然成分が豊富で化学成分が極力抑えられているだけあって、シェイビング後に塗ってもヒリヒリ感などの刺激は一切なく塗り心地も良い。

約2週間続けて使用したところ、まあまあヒゲが薄くなってきたのが実感できた。

これだけ早い段階で効果が出ると、さらに継続して頑張ろうという気持ちにもなる。

実感できるまでの期間は、人によってそれぞれ違うみたいだが、まずは1本使い切るまで(約1ヶ月分ある)使い続けてみると、かなり実感できるであろう。


■悪い口コミ!

Zローションの口コミを見ていると、悪い評判も目にした。

「YoutubeでZローションを見かけてお試しで980円で購入してみました。

そうしたら6ヶ月定期コースに自動的に申し込まれ、解約できない状態に。

実際30980円支払うことになり、憤りを感じてしまいました。

よくよく見てみると確かに継続条件は書いてあったのですが、非常に小さい文字で書かれていたのです。

少しわかりずらい面もあって、見落としていたようです。

とは言っても「お試し」というのは、良かったら使い続けるというキャンペーンではないのでしょうか?

いきなり定期コースに入会とは「お試し」のレベルではありません。

たしかに、細部まで見なければいけない私が悪かったのかもしれませんが、重要事項はもっと大きく、しっかり分かるように書いておくべきではないでしょうか。

購入者の誤解を招きトラブルに発展しかねないので。」


ごもっともな話だと思う。

確かに継続条件に関しては、そんなに目立つように書かれていない。

どうか皆さんも注意してほしい。

他にもこのような悪い口コミが、Zローションには見てとれた。


「1週間使っても効果が出ない」


「価格が高くて続けられない」


まず効果に関する原因を追究してみると、これらはZローション自体に原因があるのではなく、利用者の使用方法に問題があるケースがほとんどだと思えるようであった。

口コミを詳しく見てみると、ヒゲを剃った後に毎日使用していたが、1週間経っても効果が出てこないので、ローションがまだ残っているにもかかわらず途中で止めてしまったり、1日数回から1回の使用になったり、中には1週間に1回しか使用しない人もいたのである。

これではZローションの効果が発揮されず、結局ヒゲの濃さが変わらないという結果になってしまう。

Zローションは植物から抽出した天然成分を主原料なので、医薬品に指定される成分は使われていない。

そのため、医薬品のような即効性は無いのである。

Zローションは1日に使う回数は2~3回となっているので、もったいないと思わず、きちんと3回使うべきである。

また「価格が高い」と回答した人に関しては、それぞれの価値観なのでしょうがない面であろう。

私はいろいろ試してみたが、非常に価値のある1本だと思っている。

【Zローション】の最安値情報♪

では最後にZローションの最安値情報を紹介しよう……

Zローションの最安値情報【詳細】はコチラ

≪Zローションの商品情報≫
【区分】
ジェル状美容液

【全成分】
水、エタノール、グリセリン、ジグリセリン、BG、カルボマー、PEG-60水添ヒマシ油、メチルパラベン、フェノキシエタノール、水酸化K、グリチルリチン酸2K、メントール、黒砂糖エキス、スペアミント油、カキエキス、カンゾウ根エキス、スクワラン、マンニトール、パパイン、ラウロイルラクチレートNa、ザクロ果実エキス、キウイエキス、グリシルヒザインフラタ根エキス、加水分解酵母エキス、オウゴン根エキス、ジオウ根エキス、ブロメライン、プエラリアミリフィカ根エキス、サンショウ果皮エキス、アロエフェロックス葉エキス、ヒオウギエキス、セラミド3、ハトムギ種子エキス、ホップエキス、シソ葉エキス、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ザクロ果皮エキス、ベルゲニアリグラタ根エキス、ローズマリー葉エキス、ダイズ種子エキス、キサンタンガム、オランダガラシエキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セージ葉エキス、チョウジエキス、レモン果実エキス、セラミド1

【使用方法】
洗顔後や入浴後等、清潔なお肌に適量を1日2~3回を目安にご使用下さい。FACE・BODY全身にご使用頂けます。

【使用・保管上の注意】
●傷やはれもの、しっしん等異常のある部位にはお使いにならないでください。
●お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合は使用を中止してください。そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合
(2)使用したお肌に直射日光が当たって上記のような異常があらわれた場合
●目に入らないようご注意ください。万一、目に入ったときは直ちに水かぬるま湯で洗い流してください。
●乳幼児の手の届かない所に保管してください。
●高温や低温の場所、直射日光の当たる場所には置かないでください。
●使用後は必ずキャップを閉めてください。


■LINK■